肌を傷つけないためのカミソリによるひげ処理方法のポイント

電気シェーバー

口の下に生えたり、鼻の下に産毛がびっしり、という場合、かなり恥ずかしい状況だと言えます。
そんなことはどうでも構わない、というマイペースをいく女子ならともかく、女子の殆どが鼻下のひげを気にしています。
女性だってひげは生えます。
だからこそケアするのです。
しかしカミソリでひげを処理する場合、どのような方法でポイントを置いて行うと良いのでしょうか?

最も簡単で、リーズナブル、そして活用されているのがカミソリで剃ると言うケースです。
石鹸を泡立てて、ひげ部分に塗りましょう。
それからカミソリを当てて、順剃りをします。
つまり毛流れに沿って剃る、ということです。
カミソリで鼻下のひげを処理する場合は、
毛が流れている方向に向かって剃るのが正しいポイントとなります。

カミソリは1枚刃でも複数刃でも根元から剃ることができますから、
スッとスムーズに処理できるので、方向さえ間違わなければしっかりケアできます。

また、カミソリはすぐに切れ味が悪くなりますから、
使い捨てのT字カミソリなどを使い捨てするとよいでしょう。
切れ味の悪いカミソリで同じ場所を何度も剃ることによって、
肌ダメージが蓄積されてカミソリ負けなどを起こす可能性がありますから、
カミソリは常に新品のものを使うようにしましょう。
剃り味が悪くなるだけでなく、雑菌なども繁殖している恐れがありますから、
カミソリ負けなどになると赤くなったりする可能性があります。

またひげを剃った後は抑毛ローションなどで保湿をしっかりしましょう。
クリームも塗ったほうが良いですね。
抑毛ローションなどには大豆イソフラボンという成分が入っており、
少しずつ毛を薄くしていく作用がありますから、ひげの生える頻度も遅くなります。
そうするとお手入れの期間も当然長くなりますから、肌に負担をかける心配は必要ありません。

カミソリで初めて処理する、という人は安全カミソリがよいでしょう。
カミソリを使い慣れている人は使い捨てのカミソリで
順剃りを守って根元からスパッとしっかりケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です