脱毛を受けると体臭が悪化するケースがあるのは本当なのか

脱毛すると、その個所から体臭がして、その体臭が酷くなる、ということを耳にします。
脱毛サロンでムダ毛処理をしてつるすべ肌になったら、体臭が酷くなると言われています。
特にわきなどはワキガが酷くなるとも言われています。
実際、脱毛すると体臭が強くなるのでしょうか?

結論から言うと、体臭は酷くなりませんし、ワキガは多少改善もされます。
ワキガのアポクリン腺という部分から出てくる汗がワキガの原因となっていますが、
脱毛時のフラッシュ、もしくはレーザーで毛根にアプローチした際に、
アポクリン腺を弱らせることができるようです。

ですから、活動が弱くなったアポクリン腺からあまり皮脂が出てこなくなり、
ワキガが多少改善されると言われています。
ワキガが酷くなるというケースはありませんから心配は無用です。

しかし脱毛したら汗の量が増えたということはよく聞きます。
それに、体臭も酷くなるとも言います。
何故そう言われているのでしょうか?

それはひとえに、今までムダ毛についていた汗や皮脂が、洋服に直接付着するため、ニオイがする、というものです。
洋服が臭うことで、より体臭がきつくなったと思ってしまうのですが、実際はそうではありません。
汗、皮脂を餌に、細菌が服に増殖するため、服が汗臭くなるようです。

ですから、脱毛したからと言って体臭が酷くなったわけでもなんでもなく、
最初からその人はそういう体臭だっただけなのです。

脱毛して体臭が酷くなったという人は、もともとの体臭が強かったということになります。
脱毛すれば無駄な毛がなくなるばかりか、デリケートゾーンは蒸れを防げますから、
逆にニオイがなくなります。
肌もつるすべになりますし、汗をかけば制汗剤を使ってケアを行っていれば、
それほど他人に不快な思いをさせることもないレベルになるでしょう。

汗を全くかかないでいることは出来ませんから、汗臭さをなくすために制汗スプレーを使ったり、
汗予防としてこまめに冷却シートで汗をふいたりしていると、
体臭はむしろ消えると言われています。
ムダ毛処理が気になって、他人の目が気になって、という人は、
即刻全身脱毛などしてしまい、ニオイのない女性になってしまったほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です